東京都小平市

東京都小平市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

小平市は、東京都の多摩地域北部にある市ですよ。

小平市は武蔵野台地の西側に位置し、市域は底辺の長い台形の形をしており、小平という地名のとおり起伏はあまりありませんよ。

小平市域の東端に石神井川の源流があるが、それ以外の地域では水を得ることが困難でしたよ。しかし、江戸時代に玉川上水が開削され、そこから分水を取ることが可能となり、初めて開拓の条件が整いましたよ。また、新田開発により集落が形成されてきましたよ。

小平市内には玉川上水の遊歩道、小平霊園など緑が多いですよ。 かつては風による被害を防ぐため屋敷林(防砂林)が植えられており、市内には保存木に指定されているものがありますよ。1931年に今の津田町に移転した津田塾大学の最初の工事は防砂林の植樹でしたよ。

小平市の交通は東京の中心へ向かう青梅街道、五日市街道、西武鉄道新宿線および拝島線が市を東西方向に結んでいますよ。また南北方向には小金井街道、府中街道に加えて、西武鉄道国分寺線、多摩湖線、JR武蔵野線が通り、所沢・国分寺方面等に連絡していますよ。

小平市内で初めて鉄道が通ったのは明治時代の川越鉄道(現在の西武鉄道国分寺線)で、府中街道に近い小川駅が開設されましたよ。 市内には、旧新田時代の地名である小川、鈴木、大沼、等が残るほか、江戸時代尾張徳川家の鷹場があったことに由来するたかの台、1883年(明治16年)の明治天皇行幸に由来する御幸の地名等がありますよ。

戦後には都心部の住宅難に対応するため都営住宅の建設が進み、高度成長期にはベッドタウンとして人口が急激に増加しましたよ。団地、官公庁住宅の建設や、民間による宅地開発が進み、スプロール現象も見られましたよ。

ブリヂストンや日立製作所などの工場、大学や専門学校など教育機関も増加しましたよ。昭和48年に武蔵野線が開通しましたよ。急激な都市化の進展に対して、都市基盤の整備は遅れがちでしたが、下水道の敷設、駅周辺の整備や土地区画整理も行われましたよ。

小平市では、2005年に夜間人口(居住者)は183,775人であるが、市外からの通勤者と通学生および居住者のうちの市内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は160,499人で昼は夜の0.873倍の人口になりますよ。夜間に比べて昼の人口は2万3千人ほど減ることになりますよ。

通勤者・通学生で見ると市内から市外へ出る通勤者52,528人、市外から市内へ入る通勤者は28,485人と通勤者では市外へ出る通勤者のほうが多く、しかし学生では市外から市内へ入る通学生は11,109人で市内から市外に出る通学生10,342人と学生では出入りは拮抗していますよ。

小平市にある住宅団地として、都市再生機構小川町団地、防衛庁鈴木町団地、都市再生機構小平団地、武蔵野団地、プラウドシーズン花小金井(全250戸、野村不動産)、エステート上水本町(旧住宅・都市整備公団)、グリーンコートレジデンス(伊藤忠都市開発・日本綜合地所)、ファインコート花小金井一丁目(三井不動産)がありますよ。

小平市の産業分類別の就業人口比率(2000年現在)は、一次産業 1.2%、二次産業 23.7%、三次産業 72.8%ですよ。

小平市の第一次産業については、野菜、果樹、花・植木が栽培されていますよ。特産品はうどと梨、ブルーベリーですよ。特にブルーベリーは、経済栽培が小平で始まったことから、市を代表する特産品となっていますよ。東京都小平市・山梨県北杜市・茨城県つくば市が日本三大ブルーベリーの地として有名ですよ。

小平市の第二次産業として、HYSエンジニアリングサービス本社、日立国際電気東京事業所、ルネサス エレクトロニクス武蔵事業所(元日立製作所武蔵工場)、ブリヂストン東京工場、ロイ電器本社、わらべや日洋ホールディングス本社、第一屋製パン本社・小平工場(小川東町)、バンピー食品本社・東京工場、あけぼのパン東京工場、有楽製菓本社・工場がありますよ。

小平市の第三次産業として、オトナリウム本社、スタジオ・タージ本社、東京音楽センター本社がありますよ。

小平市にあるスーパー、ディスカウントストアとして、スーパーあまいけ(小平店、一ツ橋学園店、小川店)、いなげや(小平学園西町店、小平回田店、小平天神店、花小金井駅前店、小川橋店)、西友(小平店、花小金井店、東大和店)、生活協同組合コープみらい(小川西町店、鷹の台店、回田町店、花小金井店)、ローソンストア100(花小金井南店、小平仲町店)、ダイエー小平店、でぃすかうんとつるだい 小平店、アイムササマ、小野商事、ファーストアウトレット、サンデーマート、さえき たかの台店、サミットストア小平上水本町店、ドン・キホーテ小平店、エコス小平店、マミーマート小平小川店、ビッグ・エー小平鈴木店、大丸ピーコック花小金井店、Rショップ、ベスト、いすず屋、まるやす商店がありますよ。

小平市にあるその他の商業施設として、TSUTAYA(花小金井駅前店)、ゲオ(小平小川町店、小平鈴木町店)、ドトールコーヒー(エッソ久留米ニュータウン店、エッソ喜平橋店、花小金井店)、ブックオフ(花小金井店)、コジマNEW小平店、ニジマ小平店、小平家具センター、古本市場小平店、オリオン書房小平店、PC DEPOT 花小金井店がありますよ。

小平市にある大学・短期大学として、一橋大学 小平国際キャンパス、嘉悦大学、津田塾大学、白梅学園大学、白梅学園短期大学、武蔵野美術大学、放送大学東京多摩学習センター、文化学園大学小平国際学生会館がありますよ。

小平市にある専修学校として、国土建設学院(学校法人 明倫館)、国際ビジネス専門学校(学校法人 啓倫学園)、国際パティシエ調理師専門学校(学校法人 啓倫学園)、国際健康植物科学専門学校(学校法人 啓倫学園)、西東京調理師専門学校(学校法人 啓倫学園)がありますよ。

小平市にある各種学校として、朝鮮大学校(学校法人東京朝鮮学園)がありますよ。

小平市にある学校教育以外の施設として、(独法)高齢・障害・求職者雇用支援機構 職業能力開発総合大学校(小平キャンパス)、東京障害者職業能力開発校、国土交通大学校、陸上自衛隊 小平学校、関東管区警察学校がありますよ。

小平市にある鉄道として、西武鉄道(新宿線、多摩湖線、国分寺線、拝島線)、JR東日本(武蔵野線)がありますよ。

小平市では、市域の広さに比べバス事業者の数は多いですよ。小平市にあるバスとして、都営バス、西武バス、立川バス、関東バス、京王バス、銀河鉄道がありますよ。

小平市にあるコミュニティバスとして、小平市コミュニティバス『にじバス』(西武バスに運行委託)がありますよ。

小平市にあるコミュニティタクシーとして、小平市コミュニティタクシーがありますよ。

小平市にある道路として、東京都道5号新宿青梅線(青梅街道、新青梅街道)、東京都道7号杉並あきる野線(五日市街道)、東京都道15号府中清瀬線(小金井街道)、他、がありますよ。

小平市にある名所・旧跡として、小平神明宮、熊野宮、小平霊園、野火止用水、玉川上水がありますよ。

小平市にある公園として、小金井公園(小金井市と一部が小平市、西東京市、武蔵野市にわたる都立広域公園)、小平中央公園、小平東部公園、たけのこ公園、あじさい公園がありますよ。

小平市にある美術館・博物館等として、小平市平櫛田中彫刻美術館、東京都薬用植物園、GAS MUSEUM がす資料館、小平ふるさと村、鈴木遺跡資料館、ふれあい下水道館がありますよ。

小平市立図書館が小平市内に8館と3分室ありますよ。中央図書館、仲町図書館、花小金井図書館、小川西町図書館、喜平図書館、上宿図書館、津田図書館、大沼図書館、花小金井北分室、小川分室、上水南分室がありますよ。

小平市にあるイベントホールとして、ルネこだいらがありますよ。

小平市にあるレジャー施設として、小金井カントリー倶楽部、テルメ小川(天然温泉)、小平東部公園プール、スーパー銭湯 おふろの王様花小金井店(天然温泉)、こもれびの足湯(清掃工場の温熱による公共足湯施設)がありますよ。

小平市にある祭・イベントとして、江藤俊哉コンクール、小平市民まつり、グリーンロード秋の収穫祭、小平産業まつりがありますよ。

小平市の名物として、丸ポスト銘茶、特産品のブルーベリーを使った菓子(武蔵野ケーキ、こだいらの夢ちゃん(ソフトケーキ)、菓夢果夢(クリームサンド))、市の鳥コゲラを由来とする菓子、こげらまんじゅう(こげらまんじゅう(栗入り、栗なし)、コゲラ (ひよ子タイプのお菓子)、こげらサブレー(定番のお菓子))、酒(小平エール(特産品のブルーベリーを使った地ビール)、小平葡萄浪漫(ワイン)、小平の香り(樽酒))、糧うどん(かてうどんと読む。温野菜が具に入ったヘルシーなうどん)、プリンがありますよ。

小平市にゆかりのある有名人として、椎名誠(作家、エッセイスト)、清水宏次朗(歌手・俳優)、入江慎也(お笑い芸人・カラテカのツッコミ担当)、小栗旬(俳優)、三瓶(お笑い芸人)、柳原加奈子(お笑い芸人)、大林素子(元バレーボール選手)、栗山英樹(北海道日本ハムファイターズ監督・元プロ野球選手(ヤクルト))、中田久美(元バレーボール選手)、中村憲剛(サッカー選手・川崎フロンターレ、日本代表)、村上茉愛(体操選手)、川田龍平(参議院議員、薬害エイズ事件原告)、他、がおられますよ。